就職説明会での質問をする場合について

多くの人が、就職活動のために、まず説明会に行くのではないでしょうか。

就職説明会にはたくさんの企業が来ていますので、様々な企業の求人情報が広範に手に入れられます。

説明会に参加して、ただ話を聞いてまわるだけで終わっている人は、とても損をしているかもしれません。

一括りに就職説明会という言い方をしますが、参加者人数や、参加企業の数、主催団体によっても、何のための説明会なのかが異なっているものです。

大きなテレビ画面に、企業の説明内容を映しながら説明をするという企業もあるようです。

大手企業の就職説明会では、テレビや雑誌で顔を見ることもある名の知れた実業家の話を聞く機会を得られることもあります。

小さな就職説明会では、数年前に採用されて、今は第一線の職員として仕事をしている人が、今に至るまでの話をしてくれたりします。

様々な規模の就職説明会がありますが、多くの場合、質疑応答の時間がもうけられます。

質疑応答の機会があるのに、他の人が質問しているのをただ聞いているだけという人は、大変損をしています。

企業の採用担当者は、就職説明会で印象に残った質問をしたという人のことは、参加者側が思う以上に意識しているものです。

あえて質問をしておくことで、担当者に自分の名前や顔を覚えてもらいやすくしておくことが、就職活動では重要です。

そのため、もしも就職説明会に参加するならば、前もってその企業についてリサーチをすることで、突っ込んだ質問ができるようになります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク