女性の転職と年齢の関係

女性が転職活動を行う場合、採用の成否に関しては、男性よりも年齢が重視されることが多いようです。

もちろん職種によって採用のポイントは変わってきますが、年齢が重視されるのは多くの職種で同じことが言えます。

一般的には20代のうちに転職を行う方が良いと言われています。

20代であればいろいろな職種を選択する幅がありますが、30代になると転職できる仕事がだんだん減ってきます。

特に、正社員で働ける口を探してもそうそう見つかるわけではなく、パートや、アルバイトのような働き方になってしまいます。

20代後半になってくると残念なことに人事担当者からみると、結婚や出産、育児等の女性ならではの問題を重視せざるを得ないのです。

男性にはない、女性ならではの問題がありますので、この時期に女性が転職をしようとすると、難しいことになります。

接客販売業などでは顧客の層に合ったスタッフを必要とするので、経験があったとしても、採用されにくくなってしまいます。

年中人手が足りない介護関係の仕事の場合でも、体力が必要とされるケースが多く、採用時には年齢を重視する会社がほとんどです。

女性は年齢によって転職活動が難しくなる状況は現実にあるので、結婚や出産をしても働き続けられる会社を選ぶことが重要です。

女性の戦力をどう考えているかは会社によっていろいろですので、あらかじめ確認しておくといいでしょう。

近年は結婚しても男女共働きが当たり前のようになっているので、女性でも年齢に関係なく仕事ができる会社に就職することが大切です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク