転職活動は並行して何社も受ける理由

できるだけ早く次の転職先を見つけたいと思っているなら、何社も並行して応募をし、面接を受けるといいでしょう。

複数の企業に同時に応募したら、場合によってはどちらかが無駄骨になりますが、問題のある行為ではありません。

可能なら、ぎりぎりまで両天秤にかけて、予定の折り合いがつく限りはどちらにも連絡をして、面接を受けるようにします。

いくつかの求人をまとめて応募してしまうことで、いい求人情報を見つけた時に、迷わずに行動に移せるようになります。

1つの求人においても、応募から面接、内定の連絡をもらうまで相応の日数がかかるものです。

採用まで多少の時間がかかったとしても、生活に余裕があり、次の会社に入社するまで時間的な制限が無いのであれば、気にする必要はありません。

早々に転職先を決めて、給料がもらえる状況になりたいという人も少なくありません。

採用という結果が出た時に、辞退するか、しないかの結論を、何日までに出せばいいかを把握することが、重要なことです。

別の企業の求人にも応募をしていて、結果が数日後に出ると言った時に、相手側から断られたら、その程度の相手です。

この会社以外の会社へ応募をしているのかを、面接時に質問されるということもあります。

面接時には包み隠さずに伝える事が転職活動をする上で、会社側も他の人の選考次第で返事をする事もできるようになります。

第1希望の会社の内定が出るまでじっくり転職活動に取り組み、内定が出たら、他社の辞退の連絡も速やかにするようにしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク