面接時に質問される転職理由について

転職時に行われる面接にはいろいろな質問が想定されますが、中でも多いのが前職を辞めて、転職をすることになった理由です。

面接時に担当者から質問される転職理由について、どこまで本音で回答すれば良いのか、なかなか難しいものです。

もしも、言いにくいことを言ったとして、面接での評価は高くなるでしょうか。

人によっては、前の職場の人間関係に耐えられなかったり、待遇に問題があって、やめたという人もいるはずです。

介護をしなければいけない家族がいたために、仕事を変えたという人もいるでしょう。

仕事をしなければお金が稼げませんから、採用してもらうために、でき得ることを最大限にするべきですが、ここで問題となるのが転職する理由を正直に言うべきかということです。

いままでの仕事を辞めた理由として、ネガティブなことを言えば、新しい仕事でもまた不満があれば辞めてしまうと、採用担当に受け取られる恐れがあります。

少しでも印象を良くする為、本当のことを隠して、キャリアアップや憧れていた仕事だったと嘘をつけば良いのでしょうか。

心にもないことばかり言っていると、自分の発言が自分で把握しきれなくなったり、後でボロが出て評価が下がったりということがあります。

言っていることは変わらなくても、それをネガティブな表現にするか、ポジティブな表現にするかで、相手の印象は変わります。

前の職場では、人づきあいの問題があったという場合は、周囲との関係を見直すことで、自分のしたいことをやりたいからという言い方もできます。

面接時で上手に受け答えをするには、嘘ではないが真実とは少し見方が違う切り口にしておくと、うまく本音を隠す事ができます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク