転職活動では面接時の志望動機が重要なポイント

どうしてこの企業の勤めたいと思ったのか、自分の言葉で話すことができるかどうかが、採用面接では重要です。

働く意欲をどれだけ持っている人物なのかは、履歴書には書かれていない、会ってみなければわからない大事なところです。

面接を受けに来た以上は、働きたいと思っていて当たり前ですが、応募してきた何人かの中で、突出してやる気の高い人を見つけたいのが普通です。

自己アピールも大事ですが、志望動機はより的が絞られているので、面接官も評価がしやすいという面があります。

志望動機を本音で言えば、人間関係をリセットしたかった、前の仕事が嫌だった、給与が低かったなどさまざまな事があるでしょう。

ただあまりにも正直にそのまま伝えてしまうと転職に失敗してしまう可能性は高くなるので注意が必要です。

前向きな理由で、転職をしたいという動機を語ることによって、面接の場での評価は高いものになるはずです。

これまで勤めていた会社のここがよくなかったという言い方ではなく、自分の能力を活用できるこの会社に勤めたいという言い方をしましょう。

具体的なエピソードを交えながら、志望動機や、自己PRになる話をすることが、面接を突破するポイントです。

ただ仕事を頑張るといった言葉だけでは、面接官に気持ちが伝わりませんので、ここで何をしたいのか、どう頑張りたいのかを具体的な内容を添えて説明しなければなりません。

給与などの待遇面を動機として話す場合のは、あまりにも具体的に話すと露骨過ぎますので、その部分に関しては伝え方を考慮した方が賢明です。

良い印象を与えためには、本音を入れながら上手くアピールできるような志望動機にすることが重要になります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク