企業が人材を採用する方法

新しい人材を採用したいという企業は、どういう手順で人を増やしているのでしょうか。

まず新しい人材を募集する時には、会社や職場がどのような人材を求めているのか、募集すべき人物像について明確にします。

採用する人材の給与や時間などの募集要項を決めて、採用スケジュールを組んでから、募集が開始されます。

採用選考をする時にはまず、履歴書による書類選考が行われる場合がほとんどです。

履歴書や、職務経歴書の内容をチェックして、採用したい人物像に近そうに見える人をピックアップします。

送付されてきた履歴書については、まず最初に基本的な記述の誤りや誤字や脱字が無いかチェックします。

文字を見る時は、上手下手を見るのではなく、ていねいな書き方をしているかを見ます。

具体的な部分では、これまでの職場でどのような業務に従事してきたのかを重点的に確認されます。

履歴書による選考が行われた後、通過した人には面接による試験が実施されます。

一次面接や二次面接と内容を変えて判断し、採用する人材がだんだんと絞られていきます。

一次面接の段階では社会人としてのマナーができているかや、志望動機を聞くことになりますが、だんだんと企業の方針や、求める仕事がこなせる人材かなども確認します。

その後、合格者を決めると内定通知を出して、企業見学や入社の意思確認が行われます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク