就職面接における質問のマナーについて

就職を成功させるために、面接の場で心がけておくべきことには、どういったことがあるのでしょうか。

面接官にすすめられてから着席するとか、相手の目を見て話すなどの一般常識は意識して当然のことです。

面接官としては、社会人として知っておかなければいけないことは、知ってて当然というスタンスで面接をしています。

しかし、面接マニュアルに目を通して、知識として得ていても、相手との会話は難しいものです。

質問に対する回答に終止するのではなく、自分から質問をしたり、話を広げたりする必要もあります。

面接の前提としてあることは、聞かれたことに対して、明確に、簡潔な答え方で、相手に言葉を返すということです。

相槌の打ち方も要注意です。

軽い相槌を何度も重ねていると、ぶしつけなイメージを与えてしまいます。

相槌などは日頃、無意識のうちに行っていることなので、つい普段の所作が現れてしまうものです。

相手の言葉に口を挟むことも失礼にあたりますので、わからないことがあった時も、面接官の話が一段落するまで待つことが大事です。

相手の了解を得てから質問をすることで、社会人としてのマナーを理解していると思ってもらえます。

確認したいことはありませんかという質問を、面接の終了直前て聞かれることは多いですので、その際に質問をするというパターンもあります。

自分の都合で質問をしようとはせず、場の流れに合わせることが、面接対策の基本となります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク