志望動機は中途採用時のポイント

中途採用で人を雇う場合は、その人が今まで培ってきた経験や技術を評価して雇い入れることが多いようです。

どこか別なところで働いたことがある人を雇うからこそ、企業側としても、どういうことができる人材なのかを知りたいと思っています。

自分が会社に対してどのような形で役に立てるのかをアピールすることは、中途採用者の就職活動では鍵を握っています。

採用担当者に評価してもらうためには、自己PRを志望動機などの中に織り込んでおくといいでしょう。

志望動機に記述されている貢献できる項目が理に適っていれば、会社の即戦力として期待することが可能です。

採用の見込みを高めるためには、その会社の業務内容や、求めている人物像を正確に理解して、自分をそこにあてはめることです。

どうして前の会社を退職することにしたのかは、中途採用者に対しては定番の質問です。

ネガティブな理由で退職を決めたという場合でも、そのまましゃべってしまうと、相手からの印象が悪くなりがちなので要注意です。

ステップアップのために仕事を変えるといった、ポジティブな動機を持ち出すと印象がいいようです。

前の仕事をやめた理由と、この会社に入りたいと思っている動機とは、リンクしている可能性が高いことも理由の一つです。

退職した理由がスキルアップがしたいからだとすると、志望動機の一つにはそのスキルアップに関することが書かれていなければなりません。

「どうして前職を辞めたのか」と「どうしてこの会社に入りたいか」は、場合によっては関わりがないとおかしなことになります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク