採用されやすい人材はセミナーに積極的な人

人材募集をしている会社にとって、採用する人と採用しない人には、どのような違いがあるのでしょうか。

就職セミナーでは、就職を希望する人と、求人を出す企業とが出会えるようにセッティングがされている場です。

就職セミナーには数え切れないほどの学生が参加しますが、一人一人の行動を見ていると違いがあります。

いくつもの企業ブースに積極的に足を運ぶ学生もいますが、中には企業ブースはほとんど回らず見ているだけという学生もいます。

目当ての企業ブースに他の学生がたくさん集まっているために、つい遠慮してしまい、遠巻きに見ているだけという例などです。

採用担当者側からすると、セミナーで積極的に行動している学生を採用したくなるものです。

社員として採用するなら、仕事に対してやる気のある人が良いでしょうし、行動力のある人の方が期待できます。

就職活動に対してのモチベーションが高い人は、会社のブースでも前のほうに席を占め、よくメモを取ります。

やる気に欠ける学生は、資料ばかり見て後ろのほうに座っており、いかにも意欲が低そうに見えます。

採用担当者から見た場合、行動が鈍そうな学生よりは、ぐいぐいと前に出てくるぐらいの学生がよいと思いがちです。

学生達の行動の仕方で差をつけることもできるため、意図的に大人数を一つの場所に集めて違いに着目する企業も存在します。

これからセミナーに参加する予定があるのであれば、意識を変えて、他の学生に埋もれないようにアピールする事が大切です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク