転職を考えるきっかけについて

近年では、定年まで一つの会社で働くことを是とする考え方ではなく、転職も肯定的に捉えられるようになりました。

転職と聞くとネガティブなイメージがありますが、スキルアップやステップアップのために転職する人も少なくありません。

妻子を養わなければいけないとか、自分の将来にいて考えるかどうかはともかくとして、転職を検討するという時期に入る人もいます。

例えば転勤することが多い会社であったり、転勤の辞令を断りにくい会社に就職したとします。

働き始めた時はどこに転勤しても問題ないと思っていた人でも、結婚して、家族との時間を大事にしたいと思うようになると、価値観も変わります。

家族がいる状態で転勤の話が浮上すれば、家族は連れていくのか、この地に戻ってこれるのか、様々な条件が組み合わさってきます。

幼い子供を何度も引っ越させて、転校を繰り返させていいのか、父親は単身赴任でいない家庭で育てたほうがいいのかも、難しい問題です。

中には、転勤のない会社への転職を考える場合も、選択肢として挙げることが出来ます。

いずれにしろ、家族で話し合って納得のいく答えを得る必要がありますが、家族の存在は転職のファクターの一つです。

自身が病気になり家族との同居が必要になったり、逆に家族に介護が必要になり同居することになったりなど、生活の環境の変化は転職のきっかけになることが多いです。

待遇が下がったり、勤務地が遠くなったり、転勤をしたことで、以前よりも条件が悪くなってしまうこともあります。

転職をする時に考えるべきことは、どんな部分は譲っていいか、どの部分は達成したいか、優先順位をつけて取り組むことといえます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク