希望する人材が集まる求人募集の内容とは

求人の要項を作成し、求人の掲示をしてくれるところに登録することが、求人を担当する人の仕事です。

今まで人事の仕事をしたことがないという人は、どんな手順で採用をかければいいのか、判断がつかないこともいます。

その際には、人事の担当者自身が人材の募集情報を探し求めていた時期の記憶をたどると、どのような内容にすればいいのかが浮かんできます。

自分の経験したことを振り返ることが、求人情報を作成する時に役立つものです。

勤続年数が長く、応募した時のことをほとんど覚えていないという人は、作業内容が雲を掴むような話になってしまいます。

人材を募集するときに応募者の目線になることが難しいのであれば、最低限心がけておきたいポイントを押さえておくことが肝心です。

もしも、求めている人材について明確に書くことができるなら、はっきりと書くようにするといいでしょう。

はっきりとしたことが書かれていると、応募をする側もどんな仕事をすることになるか想像しやすくなります。

業務を遂行するにあたり必須のスキルがあるにもかかわらず、不明瞭な求人情報によって人材を募集することは避けなければなりません。

募集内容と応募者との間にギャップが生じて、担当者と応募者双方の時間が無駄になってしまいます。

企業側は、実績や経験がある人材を必要としていますが、応募をする側は経験がなくても採用してくれる企業を探しています。

このようなパターンでは採用試験の時間を設けても、お互いに納得できる結果につながることはありません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク