新卒の学生を採用した場合の対策

新卒の学生を採用した企業は、働き始めた新卒者が精神的に行き詰まってはいないか、配慮をすることが重要になります。

新しい環境に、緊張しながらも入ってきた社員は、わずかなミスやトラブルでも深刻に考えすぎてしまい、精神が疲れ果ててしまうことがあります。

新卒の学生は社会人としての経験がほとんど皆無なので、教育だけでなく、メンタル面のフォローも大切になってきます。

メンタル面のフォローも無く、新人研修の必要性から厳しく指導し続けていると、トラブルが発生する可能性が高くなります。

新人を一人前に育てるために必要なことだといっても、ハードな研修をやりすぎると、早々に新入社員が辞めてしまうこともあります。

中途採用者とは違い、働くこと自体に慣れていない新卒社員を迎え入れるのであれば、メンタルケアの対策を事前に考えておくことが求められます。

新卒の社員がやる気を持ち続けるためには、社内で自分の気持ちを吐露できる相手を持つことです。

悩み事がある時には、自分の思っていることを言葉にして話せることが、解決の糸口にもなるからです。

そのため、新卒社員に察知されないように相談係を任命しておく対策は一定の効果が期待できます。

このときに任命する人物は、可能な限り直属の上司以外でなければなりません。

場合によっては上司自身がストレス源になることがありますので、精神的なフォローどころかプレッシャーになることもあります。

時代の変化とともに会社や仕事に対する考え方も多様化しているので、会社側にも時代に応じた対応の仕方が求められています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク