新卒の就職活動を支援する制度が必要

一時期ほどの不況の波はおさまって、求人の数や内容も安定してきましたが、未だに予断を許さない状況といえます。

会社のほうも、採用の枠を拡げるところが増えてきましたが、それでも前ほど積極的に新卒者を採用しているとは言い切れないようです。

中途入社者はもちろん、新卒であっても簡単に就職活動をすることは出来ないと言われています。

だからこそ、新卒の就職活動をしっかりと支援をしていくような、色々な制度が必要なのです。

学部によっては、ゼミの教授が自分のコネを利用して仕事を紹介してくれるという仕組みが残っているようです。

その場合は、その教授の支援によって、就職活動を進めていっても一向に構いません。

最近は、企業の協定により、新卒者の就職活動は一定期間に限られるようになっています。

限られた期間内で就職先を決めなければいけないので、就職活動中の学生の中には行き詰まりを感じる人もいます。

とにかく内定を勝ち取るまでは、誰しも気を緩めることは出来ません。

学生からすると、利用出来るものは何でも利用した方が良いと考える人も少なくないでしょう。

ネットの就職サイトや、大学のあっせん、ハローワークの紹介など、就職活動時に利用できるところは色々とあります。

新卒の学生が就職活動をする場合には、事前にしっかりと情報収集をして、短期決戦の日程を効率よく進めていく必要があります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク