就職のお礼状の内容

就職のお礼状の内容は、基本的には採用をしてくれたことに対するお礼や感謝の気持ちを書くようにします。

お礼の内容を書いた後には、自分が入社することに対する意気込みや、これからの抱負などを中心に書きます。

同じようにお礼状を送ってくる人が多いことを考えて、長くなりすぎずに端的に書く必要があります。

就職のお礼状を自分の言葉でと言われても、なかなかうまく言葉にできない人もいると思います。

最近は、インターネットや、就職情報誌に、就職のお礼状の書き方や、サンプル文章があります。

書き方に迷ったら、参考にしてみるといいでしょう。

お礼状のフレーズは、心からの言葉であることが望ましいので、例文を引き写してお礼状を仕上げることは、いいことではありません。

例文を自分の言葉に直したり、採用が決まった企業の仕事の内容なども少し入れて、直してしてみるとよいと思います。

お礼状の例文集を丸写しするようなことだけはさけましょう。

面接の時などのエピソードなどがあれば、それを引用すると言うのも、オリジナリティーがあってとてもよいと思います。

誤字や脱字などがないように、十分に気をつけて、そして間違ってしまっても、修正液等での修正はせずに、新しい用紙に書き直しましょう。

最も注意をしてほしいことに、担当者名や、部署名などの固有名詞があります。

固有名詞を書き損じることは、相手の印象を大幅に損ねますので、名前や固有名詞は、常に正しいものを書くようにします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク