就職活動時の面接で質問される事とは

就職活動を成功させるためには、採用面接は避けて通れないものです。

円安や、株価アップで景気がよくなっていると言われていますが、それでも就職活動は思うようにはいかないものです。

面接を無事に通り抜けることができなければ、就職活動を果たすことはまずできない話です。

企業の採用面接では、どういった話が話題になるのでしょうか。

これといった正解はなく、企業によって様々です。

しかしどんな会社の面接に行っても、必ず質問されることがあります。

それは前職をなぜ辞めたのかという質問です。

大抵の場合、前職をやめた理由は、給与などの待遇や人間関係が原因になっている事が多いのではないでしょうか。

ありのままを面接の場で話すと、それが原因でマイナスの評価が下され、採用がもらえないということもあるようです。

転職を希望している理由を、どういう言い方で表せるかによって、面接にも生かすことが可能です。

面接の場では、給与面が折り合わなかったり、人間関係がうまくいかなかった場合でも、もっとポジティブな言い回しで話しましょう。

面接の場で退職理由を話す時に心がけたいことは、ネガティブな過去の事情を話すのではなくて、将来の希望や目標を軸に話をすることです。

前職を辞めた理由に対しては、応募するに至った理由やこれからの仕事に対しての意気込みに繋げることができれば、より良い回答です。

根も葉もないうそは問題外ですが、これからの将来のために、前の会社を退職したことを伝えられれば、評価が高くなるでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク