就職のための面接について

就職活動では、面接は避けて通れないものです。

採用担当者は、面接の場で求職者と話をした上で、会社で働いてもらうかを決定します。

対面で話をするという段階を経ずに、採用が決まることはまずありません。

筆記試験があったとしても、その後には面接があります。

直接会って話をすることで、その人がどういった考え方をしている人なのかを判断するのです。

面接では、段階が進むと、部長級や、社長級の人が出てくることも珍しくありません。

また、1回目の面接に合格した場合、2回目3回目がおこなわれ、最終的に役員と面談することになる場合もあります。

さらに、面接官と応募者が1対1ということもあれば、3対3などそれぞれが複数ということもあります。

1人の求職者に、4人から5人の面接官が応対することもあります。

面接でよくある形は、企業サイドは質問し、こちらはそれに答えるというものです。

面接で問われることは、志望理由、どんなことに興味を持っているか、学生時代に何をしたかです。

人数が多い場合、グループディスカッション形式という、少人数に別れてテーマに基づく意見交換をして、グループごとの話をまとめることもあります。

企業によって、出される質問やテーマに特徴がある場合が多いです。

そのため多くの人は、事前にその傾向を調べておき、本番にそなえて対策を練っています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク