再就職をした時の手当てについて

失業中の就職活動で内定を得ることができた場合、再就職手当の支給の対象となることがあります。

失業手当は、前の仕事を退職してから、次の仕事が見つかるまでのつなぎの給付なので、再雇用先が見つかれば給付は終了します。

再就業手当は、失業手当をもらっていた人の中で、一定条件をクリアしている人に対して支払われます。

失業手当をもらい初めて、全体日数の三分の二以上が経過していない時に、就職活動が終わって次の働き先が見つかったという場合は、再就職手当を受けとる資格があります。

再就職までに、時間がかかりすぎた場合は、この手当ては残念ながらもらう事はできません。

そして次の再就職手当てをもらう事ができる条件は、再就職が決まった先で、1年以上きちんと勤務する事ができるかどうかです。

何とか再就職ができたとしても、数ヶ月とたたずにその仕事をやめてしまったという場合には、再就職手当を何度も出すことはできません。

失業手当の待機期間である7日以内に再就職が決まると、再就職手当の対象になりません。

再就職手当をもらうためには、7日間の待機期間中に次の仕事が見つかったという状況にならないようにすることが大事です。

ハローワークや、人材あっせん会社に行って就職活動をしたのが、失業給付の三カ月制限が終わってからだという人も、再就職手当がもらえるようです。

再就職手当ては、いろいろな条件があり、全ての人がもらえる手当てにはなっていません。

再就職手当てをもらえる条件に当てはまっているようであれば、ぜひともハローワークに行って手続きをするようにしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク