若者の持つ就職観について

今の若者が持つ就職観とは、どのようなものでしょう。

就職観として若者が持つものは、楽しく仕事をしたいという傾向があると言われています。

趣味と仕事と、どちらも大事にしたいという就職観を持つ若い人も、多いと言われています。

働くことで、社会に役立ちたいという方もいます。

社会にとってより必要とされる存在になりたいという考え方もあるようです。

基本的には、出世志向より生活の安定性を重視している人が多いですが、それ以外のことでは、就職観のダイナミックな変化は若者層には見られていないことが指摘されています。

就職が難しい状況が続いたこともあり、なかなか希望の職種に就職できていないという若者も少なくありません。

つきたくなかった仕事についているという場合は、この先どんな就職観で仕事を続けていくべきか、難しい決断を迫られている若者もいます。

精神面でも、就職観と現実の仕事がちぐはぐだと、仕事がやりづらくなるでしょう。

業種や職種以外でも、プライベートの時間と仕事との関係性をどう考えるかも、就職観の中にまとめておくことが大事です。

働き方と就職観のすりあわせができていないと、仕事を続ければ続けるほど、精神的な負担がまして仕事がつらく感じるかもしれません。

10年後、20年後の自分がどうなっていたいかは、若者の就職観を決めるためには重要です。

就職活動をしている人にはぜひとも自分の就職観について整理した上で仕事探しをすることをおすすめします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク