転職活動をする時の注意点について

もしも、今の仕事をしながら転職活動をする場合は、心がけたいことが色々とあります。

転職をするのであれば、経済的な面からも在職中に転職先を決めて、退職届を出すというのが理想的です。

採用面接の日に仕事が入り、面接を受けに行けないという人がいます。

書類選考が通っていざ面接になっても相手先から指定された日時に仕事で行くことができなければそのまま流れてしまうことがあるので要注意です。

有給があれば消費すればいいだけですが、仕事の都合上、そううまくは話が進まないという人もいます。

もしも、仕事をしながら転職活動をしたいという人は、職場の人には極力仕事探しをしているという話はしないようにしましょう。

たとえ気心の知れた相手でも、会社の人には言うべきではありません。

気づくと情報が知れ渡っていることがあります。

直属の上司に転職活動をしている情報が入ると、仕事の量を増やされたり、引き止められたりすることも考えられまので要注意です。

転職活動の最中に、人間同士のトラブルに発展することもありますし、仕事がしにくくなります。

転職活動がうまくいき内定をもらったら会社の入社日を決めます。

退職願を出したからといって、すぐに退職できるとは限りませんので、気をつけたいものです。

引き継ぎの手間を考えると、2週間では足りないこともあります。

1カ月前には退職届が出せるような日程を組むことが転職活動では重要です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク