年齢による転職活動について

転職活動をやり遂げるには、年齢に応じた方策を組むことが大事です。

かつて35歳転職限界説という言葉がありました。

近年では、35歳以上の人でも転職することが珍しくなくなっており、転職市場は変化しています。

しかし30代という年齢になれば、20代の頃と同じような転職活動はしていられません。

35歳を越えると、求人の数は大きく減少します。

社内の人事で、あいた席はあっという間に補充されるためです。

30歳以上の人が転職活動を行う時には、自分の年齢を考慮に入れる必要があるといいます。

履歴書を作成する時、20際のころは、自分が何をしたいかを中心に自己PRをします。

30代になってからは、過去の実績と、会社に対してどんな貢献ができるかアピールする必要があります。

30代に入ってから転職活動を行う場合は、会社の未来について語れる人材であることが、大事な部分になってくるのです。

30代になってからの転職は、苦労もたくさんありますし、20代のころにはなかったリスクを背負う行為でもあります。

そろそろ落ち着いた職場環境を得たいと転職をしたところ、大変な苦労をする可能性もあります。

転職活動をスタートする時には、自分の年齢についても考慮することが重要になります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク