就職試験の面接を受ける時の対処法

就職の面接で、面接官から質問はないかと尋ねられることがあります。

もちろん、その会社が第1志望であるなら、さまざまな疑問点が出てくるかもしれません。

これが、第二希望以降の企業の場合、特段質問と言われても出てこないというケースもあるでしょう。

質問はないですかという質問からは、応募者が能動的な気持ちを持っているかどうかを判断しようとしています。

実のある質問をすることができれば、評価はぐっと上がる可能性はあると言われています。

採用面接の場に臨む時には、あらかじめ、会社のパンフレットや、求人内容に、しっかり目を通しておきましょう。

質問できる状況になったら、慌てないで済むように、いくつかの質問をストックしておくことが大切です。

仮に質問がまったく出てこないなら、面接官はそれほど会社に就職したいという意志が無いのだと感じてしまいます。

何か聞くことはないかと言われて、どんどん質問をするという態度が正しいわけでもありません。

本当は何も知りたいとは思っていないのに、強引な質問をしていると、相手にバレてしまうでしょう。

もしも質問をするなら、独自の視点に立っていることがわかるような、重要な質問をすることも有効です。

相手が質問に答えてくれたときは、記録をしたり、あいづちをしっかり打つことです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク