仕事や家事のことで思い詰めるのは子育てには逆効果

気持ちが安定していれば、仕事と子育ての両立をさせやすくなるといいます。

子育てもして、仕事も続けるのはかなり大変なことも多く、うまく両立できていないと感じる人もいます。

自分が思い描いていたとおりの子育てや、仕事ができていないと、そのミスマッチを辛く感じるものです。

子供を保育園に預けても、熱を出したり風邪を引いたりして、急な早退は何度もあるものです。

子供が病気しがちな子だったり、保育園や幼稚園からの連絡が頻繁にある子では、仕事との両立もままなりません。

どちらもしっかりやろうと思いながらも、両方ともに手に余る状況になってしまって、対応ができなくなることもあります。

時には、自分1人では解決できない問題であると判断し、適度に周囲の人を頼ることも、重要になってくるでしょう。

仕事をして、子育てもしてということになれば、うまくいかないことも当たり前です。

自分の力では対応できないことがあっても、人の力を借りたり、解決方法を覚えることで、できることは増やしていけます。

経験することで、少しずつ家事や子育てを要領よくできるようになり、何より子供も必ず大きくなっていきます。

歳月が経ってから思い出すと、その頃はつらかったことでも、乗り越えてこれたことを実感できます。

問題を抱え込んでいる時はつらい気持ちになることもありますが、子育てと、仕事を両立していく上では、必要なことでもあるのです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク