円満退職をするための方法

円満退職をして、すっきりとした気持ちで次の職場に向かうことが転職の理想ですが、円満退職をするためには、どんな見通しになるでしょう。

円満退職をするには業務の引き継ぎや会社側が後任者を定める期間も考えて少なくとも1か月以上前には上司に退職の意思を表示しておきましょう。

職場環境や、周囲の人の都合なども考えて、周りの人の仕事が増えないような日程を組みます。

退職をするなら、その後の金銭的なことも考える必要があります。

人によっては、失業手当が申請できるようにしておく必要があるでしょう。

上司とは有給休暇の残り日数なども考慮し退職日を相談しましょう。

退職1か月前になったら業務の引き継ぎを行いましょう。

引き継ぎをしっかりすることが、円満退職をするためにはとても大事です。

口頭での引き継ぎが難しいところは資料化するのもいい方法です。

10日前には挨拶状を出し、お世話になった人に挨拶をしていきます。

取引先へも挨拶し後任者の紹介をすることも円満退職のためには大事なことです。

自分の机の周りはきれいに整理して、会社に返すものは一式揃え、パソコン内のデータもきれいにします。

年金手帳や、雇用保険被保険者証も、会社から受け取り、事務手続きに不備がないようにしておきます。

当日までにしっかりと担当業務を処理してやり残すようなことのないようにするのも円満退職のために大事なことです。

円満退職を目指すためにも、今まで勤めていた会社の人の手をできるだけ煩わせないようにすることが大事になります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク