30代の人が転職をする時には

30代の転職となると、やはり経験か経歴が重視されることになります。

若いうちの転職と、30代以降の転職は、どちらが有利とは一概に言えません。

求人を出している会社の中には、新人ではなく、社会仁としての経験を積んでいる30代を戦力として採用したいと思うところがあります。

人生の中でも30代は、一番仕事のできる時期でもあるので、30代というご自身の年齢を気にされる必要はありません。

転職を考えている人は、今までの経歴を確認し直すことが重要になります。

どんな仕事につきたいか考えて、その仕事に対してメリットになる経歴を思い返していきます。

どんな仕事がしたいのか、今までのキャリアをどう活かすことができるのか、チェックしてみることで自分の強みを把握できます。

職務経歴をまとめる前に、今まで自分が積み上げてきたことを、まとめてみるといいでしょう。

採用面接を受ける時に、うまく自分を売り込めるようにしておくためには、自分が過去にどんな仕事や経験をしてきたのかを、整理しておくことです。

やりたい仕事と、やれる仕事が異なることも良くありますが、30代の転職となると新卒の時と比べて、選択肢が広くないもの事実です。

自分の能力ややる気を活かした転職先があることが望ましいですが、思い通りにはいかないこともあります。

30代になってから転職活動をする場合は、自分のどこを売り込んで仕事探しをするのかを、よく考えて転職プランを考えましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク