就職活動における情報収集の方法

効率的に情報を集めることは就職活動ではとても重要ですが、どういった方法があるでしょう。

情報を知っている人と知らない人では、大きな差が付くと言われています。

情報を活かした就職活動ができるかどうかは、人より早く就職活動を開始しているかどうかよりも、場合によっては効果を発揮することでしょう。

タイムリーな情報は何にもまさります。

色々な情報をキャッチすることができるでしょうが、就職活動は、その場しのぎの情報集めで達成できるとは限りません。

重要な情報を押さえることができるかが、内定に結びつきます。

大事な情報ほど、集めることが難しいと言われています。

情報を収集することに手間がかかるほど、その情報自体に価値がある可能性が高いということです。

大まかな情報はネットで得られるとしても、会社の実情や、どんな人物を必要としているかについては、会社説明会で担当者の話を聞かないとわからないこともあります。

希望者参加制の説明会よりも、会社に勤めている先輩に時間をつくってもらい、職場環境について話してもらえた方が有用なこともあります。

OB訪問も一人て終わりにしないで、積極的に実行することによって、会社ごとの独自の雰囲気や、自分の希望にどこまでマッチしているかがわかるようになります。

広く情報を集めるよりも、実際に会社に行ったり、先輩に会うほうが、就職活動に役立つ情報が得られるといえます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク