就職活動で仕事を得るための自己分析

もしも、希望の仕事に就職したいと考えているのであれば、自己分析をしっかりつくることです。

自己分析は、就職活動には欠かせないものだと言われていますか、一体、自己分析とはどのようなことをするものなのでしょう。

正しい自己分析をすれば、就職活動時の目標設定や、自分か何をしたいかもわかります。

希望の職種につくためには、時期分析をすることで自分の目標を再認識し、今後どう取り組むかを考えることがポイントになります。

今までの人生を振り返って、強く心が動いた場面や、現在につながる気持ちの原因はどこかを探します。

時間の経過に沿って順番に、起きたことを並べます。

印象深い出来事をそれぞれ並べていき、その中から一番精神が下向きになったこと、一番やる気がも満ちあふれたことは何かを調べます。

一番気持ちが良かった局面ては、部活動で表彰されたことであるとか、一番へこんだときは部活でレギュラーになれなかった時で、しばらく別の趣味に没頭したとか、人によって色々なエピソードがあります。

自分の言動や行動を顧みた時に、無意識にしていたことが、仕事と関わりを持ちます。

客観的な目で過去をふりかえり、何をしていた時が充実感があり、どんな行動をしたがらないのかを見極めることが、自己分析の手法です。

ただし、自己分析をしたからといって、自分にとってプラスになる仕事が探せるかは、正直曖昧です。

仕事を選ぶ時に、自分のものの感じ方をベースにするというアプローチは、それほど間違えてはいません。

いざ自己分析をしようと思っても、どこから手をつけていいかわからないという人もいますが、まずは何でもやってみましょう。

わずかなことでも文字にしていくことで、それがきっかけになって書くことが増えたりもします。

自己分析を上手に使って、自分にはどんな仕事が合っているかを探していくことが、就職活動の糸口にもなるでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク