転職活動の自己PRの内容

転職活動を成功させるには、自己PRが大事です。

転職活動と自己PRとが密接な関わりにあることは、転職を経験した人ならよく知っています。

では転職活動における自己PRには、どのような内容を盛り込めば良いのでしょうか。

自己PRにまずいれなければならないのは、今まで何をやってきたか、何ができるか、応募先では今後どうしていきたいかといった点です。

自己PRは、応募先によってセールスポイントを変えるようにしましょう。

そして、とくにネットからの応募ではいかに自分を差別化するかを、考えて自己PRを作り上げましょう。

わかりやすく、すっきりまとめた文章にしましょう。

会社が欲している技能や技術をメインに据えて、アピールポイントが明確になるような自己PRをします。

これまで積みあげてきた自分の経験や技術、実績などで主張を補強していきます。

これまでやってきたことは何で、どんな結果を出してきたのかを、自己PRに折り込みながら伝えていきます。

今までの仕事を通じでどのように自分が成長でき、応募先の企業が求める人材像にふさわしい部分を自己PRしましょう。

自分の長所が、仕事をするうえでどう役立っているかということもポイントになります。

自分の短所も、ネガティブに捉えるのではなく、ポジティブに考えて、セールスポイントにしましょう。

自己PRでは、今保有している技能や資格なども役に立つでしょう。

最初にすべきことは、自己分析です。

その上で、いかに訴求力のある自己PRを用意できるかが、転職では大事です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク