アメリカでの就職とビザについて

ピザに問題がないことを確認した上で、アメリカでは就職先を探す必要があります。

海外のどこかの国にしばらく居続けたいという場合は、国によってはピザを持っていなければいけません。

アメリカの場合は、3ヶ月以内の商用や観光目的の為の滞在の場合は、特にビザは必要ありません。

しかし、正式に就職して長期間に渡ってアメリカに滞在する場合には、ビザなしの状態では働くことが出来ません。

特別なビザが必要になります。

アメリカの社会問題にもなっていますが、ビザがなくて滞在した場合、不法滞在として罰せられる事もあります。

アメリカで就職したいと思っているならば、ピザを何等かの方法で取得することになります。

どんな会社に就職したかでも左右されますが、多くの場合は、労働ピザがいるでしょう。

労働ピザが必要だという人は、手続きを代行してくれる人に依頼するか、弁護士などに手続きをお願いすねことになります。

知識や経験がないとわらなくなるくらい、労働ピザをとるための書類の作成や、手続きは難しいようです。

個人でもできなくはありませんが、頼んでしまった方が時間短縮にもなったり、早く取れるなどいろいろとメリットが多いからです。

アメリカで就職する際に、このビザの手配を自分でしなくてはならないか、それとも会社側で手続きしてくれるのかという事は、事前に必ず確認しておかなくてはならない事です。

アメリカで就職するというのは、大変な面もたくさんありますが、あせらずに必要なことをこなして、着実に進めていただきたいものです。

※最初と最後の文には「重要語」を必ず入れる海外の仕事を紹介してくれる会社は、スタッフの質や会社の実績などは様々ですから、口コミサイトなどを確認して、信頼性の高いところを探しましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク