アメリカではインターンシップを利用しての就職を

アメリカで新卒者が就職する時には、インターンシップの制度が重要な意味を持ちます。

このインターシップでは、企業などで学生が研修生となって働きます。

自分の適性を見極めたり、会社にアピールして就職につなげることです。

アメリカでは、学生インターンの多くは無給で、大学入学時から職場体験のために入ります。

アメリカでは、卒業までインターンを続けることで、正社員として必要なレベルまで能力を向上することができます。

夏休みを使って高校生のときから自分でインターンに参加する生徒も大勢いるのがアメリカの特徴です。

インターン先から有能と認められれば、そのまま内定をもらえるケースも少なくありません。

就職を有利にするためにインターンをしている学生が、アメリカではほとんどだといわれています。

アメリカでは新卒者といっても即戦力になれる人材を求めています。

学生のうちからインターンとして来てもらい、卒業までに即戦力として育成し、卒業と同時に採用するという方法がアメリカでは一般的です。

日本にもインターンの制度はありますがまだ一般的なものではなく、就職につながるケースはそれほど多くありません。

就職をアメリカでする場合には、かなり新卒採用とインターンは直結したものだといえるでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク