キャリアクライシスと転職活動について

キャリアクライシスという問題が、転職のときに起こることが問題になっています。

一般的に経験と同時にアップするのがキャリアです。

終身雇用制度が当たり前のころは、自動的に仕事を継続しているかぎり上がっていくのがキャリアというものです。

転職ブームのころも、転職はキャリアアップと近い関係にありました。

近年は転職をしてもキャリアアップできるとは限りません。

逆に仕事のキャリアが、転職によって低下する危険性もあります。

なかなかキャリアアップできないことを言うのがキャリアクライシスです。

近年では、転職をするリスクは、しないリスクよりはるかに大きいと言い切る人もいるくらいです。

今後キャリアクライシスにはまってしまうことがないように、じっくりと考えてから転職しなければなりません。

大事なのはすぐに決めないできちんと考えることなので、仕事をやめたいと思う人は多いと思いますが肝に銘じておきましょう。

何となく転職をする、という転職の仕方は、キャリアクライシスまっしぐらといってもいいでしょう。

特に30代後半になると、転職の最終チャンスという考え方から、滑りこみ転職をしたいという発想を持ちがちです。

リセットしてキャリアをまた積み上げることが仕事をすることではありません。

雰囲気に流されず、いま一度自分の仕事のキャリアについてじっくり考えてみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク