仕事と就職活動

仕事につきたい人は、まず就職活動をする必要があります。

就職活動をしているものの、不景気のあおりをくらって思うようにいかない状態が続くと、やめてしまいたくなります。

就職活動は自分のどこが評価されたのかはっきりせず、明確な答えがないので辛いと感じる人が多いのです。

実際に仕事をしたら基本的には結果だけが突き付けられるというのは、社会人になり仕事をしだすと当然のことなのです。

お金を支払い、対価をもらう側ばかりに終始するだけでないのが、仕事をする立場の人間です。

お金をもらって何かを作り出すという立場になって仕事をしているときにはすべてを親切に教えてもらえるわけではありません。

今後はどのように仕事を進めていくかを、周囲と折り合いながら自分で決めていくことになります。

就職活動も、仕事も、将来の目標を設定してそれに向かって取り組むということは一緒です。

就職活動は企業に入って仕事をする前の予行練習とも言えるのではないでしょうか。

就職活動中は何度も失敗したり落ち込んだりすることがたくさんあるでしょう。

時には、どうして就職活動でいい返事がもらえないのか突破口が見えないこともあります。

就職活動中に落ち込んだ時には過程がすべて今後の仕事の役に立つのだと思えば頑張れるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク