大学生が就職活動の前に行う自己分析

大学生になるとすぐに就職活動のことを意識して準備をしておく必要があります。

多くの就職活動生の準備で最初に取り組むのが自己分析です。

ですが、自己分析にある陥穽にはまってしまい、就職活動の方向性がおかしなことになってしまう学生もいます。

自己分析の仕方を失敗しないためには、大学生はどういった点に注意をするといいでしょう。

自己分析を通して自分のやりたいことを見つけようとして失敗する大学生が多いといいます。

もちろん早い時期に自分の目標が決まるというのは良いことです。

ですが、実際の状況をきちんと把握していないうちの目標設定は、現実からかけ離れている可能性があります。

実際、自己分析を早々と始めている大学生の志望先を聞いてみると、マスコミや総合商社、アナウンサーなど採用の少ない専門職であることが多いといいます。

あまりに早期に達成するのが難しい目標のみに絞って目標設定をしてしまうと、軌道修正をするのが厳しいという現実があるようです。

大学生が就職活動に向けて目標を決める時には、あまり早いうちから結論を出してしまわずに、まずは自己分析と並行して企業研究や広く業種毎の特徴や適性、倍率などを調べていったほうがいいのかもしれません。

どの業種が今勢いがあり、どの業種が波に乗っているかといった情報も、大学生の就職活動では有用な情報です。

自分の得意なことや自分の正確をしっかりと理解することに焦点をあてて自己分析をすることでその後の就職活動に生かすことができます。

どんなふうに自己分析をするかによって、大学生の就職活動の成否は別れるものです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク