就職試験の適性検査とは

最近では、適性検査が就職試験に含まれることがあります。

適性検査の結果を、就職採用試験の判断につながげる会社もありますが、実際にどんなやり方かは差があります。

どんな適性検査をするかは、適正の確認の仕方によって違いがあります。

よくある適性検査は、パーソナリティ、心理、学力、性格、知識、興味などです。

心理検査は、心理学的な手法でつくられた検査のことです。

被験者がどういった性質を持っているか、全体的な視点で見るものがパーソナリティ検査というものになります。

適性検査の範囲は幅広く、募集の業種に対する適正を持っているかや、一般的にその人がどんな性格をしているかも含みます。

その人のどういった部分を適性検査で確認したいかは、会社によって異なります。

就職採用に適正結果の内容がどのくらい影響するかも会社ごとに違うので、情報は参考にならないでしょう。

就職活動をしている時に受ける機会が多い適正検査といえばSPI2です。

どこかで経験することになるということは知っておきましょう。

適正検査としてSPI2を受けることになる企業は追いので、事前に準備をしてある程度の対策を立てていれば何とかなるものです。

適正検査とは、応募者の人となりを確認するためのものなので、小細工をせずに思ったままに答えることがおすすめです。

就職活動を成功させたいからと、耳障りのいい答え方ばかりしているとつじつまが合わなくなりますので、素直に答えておくほうがいいでしょう。

適性試験への対策をしっかり行って、就職活動を成功へとつなげましよう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク