就職活動と適性検査

就職希望を明確にするために、適正検査を受ける人がいます。

適正検査は、就職活動の方向性を決めることもあります。

とはいえ、向いている職業が何かというテーマは、案外と答えが出ないものです。

多くの場合は、仕事に関する情報収集をしたり、実際に会社を訪れるなどして仕事を決めていきます。

自分の適性はどこにあるのか、客観的なデータに基づいて知るということも大事です。

適正検査は、自分でも自覚していない職業の向き不向きを知ることができます。

信頼性の高い適正検査を受けて、その結果を参考にして就職希望を決めることで、納得のいく就職活動が可能です。

総合適職発見プログラムという適職検査は、信頼性が高いと言われています。

高校生から社会人が受けることを想定してつくられた適性検査です。

様々な質問によって、検査を受けた人の性質、能力、好みなどを分析し、どんな職種に適性があるかを解析します。

R-CAPの裏づけとなるのは社会人2万人ぶんのデータで、大学生の適性を判断します。

希望の業種をはっきりさせるだけでなく、自分についての理解度を深めて、就職試験時の面接などの助けになります。

R-CAPストレングスという検査方法もあります。

自分にはどんな長所があるかを適性検査の結果から導き出すというものをいいます。

自己PR力をアップさせることで、就職活動を有利に進めます。

R-CAPは、適性検査の結果を受けて自分はどんな自己アピールをすれば就職に効果的かを知ることができます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク