30代の転職のコツ

転職活動を30代になってからしたとして、成功するかどうかは定かではありませんが、やりようによっては見込みがあります。

30代の転職て、心がけたいことは一体何でしょうか。

30代で転職を成功させるためには、今まで培ってきたことを十分に利用することが大事です。

現在に至るまで、どんな会社でどのような仕事をしてきたかを、自己PRに組み込みます。

例えば、営業畑で働いてきた人だったら売り上げがどのくらいあったかといった明確な表現があるといいでしょう。

自分だけでこれをしたということができないかもしれませんが、チームを組んでこういうものをつくったというものがあればそれで十分です。

そういう時は、チームメンバーとして自分が何をしてきたかを合わせて伝えましょう。

過去の実績を話す時に、会社内部の情報をリークしないようにしましょう。

成功体験ばかりが、過去のエピソードではない人もいます。

30代の転職を成功させるには、挫折から何を学び、どう立ちなおったかという話も効果的です。

30代は、社会人としてある程度の経験を既に積んでいるという点で、新卒にない良さがあります。

積み重ねてた年齢ぶんの結果を自己アピールに転化することができれば、30代になってからの転職もうまくいくでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク