30代の転職の注意点

30代の転職活動は、大学生や20代の頃に経験した転職活動とはまた異なる点が存在します。

会社としては、30代の人を新しく採用する以上は、年齢相応の社会常識を持っている人を求めます。

面接では、常識のなさが露呈してしまったり、志望動機が子供っぽいものだと思われないようにする必要があります。

数多くの採用希望者を見てきた担当者に対し、あさはかな答え方をしていては、すぐに看破されます。

30代で転職活動を受ける時には、身だしなみもきちんとしていて当たり前と見なされます。

日常感覚の延長で、よれたスーツやネクタイのままで行っては印象を悪くします。

きちんとした服装で行けるように、身につけるものにも神経を使いましょう。

人と会う時の最低限のマナーも、30代ならば知ってて当然です。

必要であれば、事前に確認しなおしておくといいでしょう。

面接の場では、30代の求職者の場合、今の経済や社会絡みのテーマで話す機会もあるといいます。

世情に興味がないという人では、30代の社会人として評価が下がります。

自分の周囲以外で起きていることにも関心を持って、ニュースや新聞を見る習慣をつけましょう。

30代の転職活動は、転職理由一つでどうにかなるものではありません。

30代になってもマナーが不充分で、社会人として欠けたところがある人はまず転職は見込めませんので、その点は気をつけましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク