上肢障がい者の就職

就職先を探す場合に配慮しなければならないことがいくつかあるのが上肢障がい者で、両腕のどこかに不自由な部分がある人のことをいいます。

両腕は、普段の生活でも使うことが多い部分なので、不便なことはたくさんあります。

就職活動を上肢障がい者がする場合にも、基本的には一般の人と同じくハローワークやインターネットの求人サービスを利用するようです。

ネットの求人情報サイトも最近では増えているようで、障がい者枠での雇用や、障がい者を対象としたものを見かけます。

パソコンの入力作業などのスピード面では、上肢障がい者の場合にはどうしてもハンディがあるといえます。

客観的数値として自分の早さがどのくらいかを知っておくことが、就職活動をするときには重要だといえるでしょう。

上肢障がい者が苦手なのは、重い物を運ぶことなどがあげられます。

特にわかりにくい障がいははっきりと伝えることが大事です。

自分の状況を相手に伝えることができるかどうかは、上肢障がい者といってもさまざな条件の人がいますので、大事になってきます。

パソコン操作のための上肢障がいの状況に応じた支援機器なども今はありますので、どんどんそのようなものを取り入れてみるのも良いでしょう。

家から職場までの距離も、就職先を探す場合には大事なことです。

なかなか就職先すら見つからないので、つい無理をしてしまうことがあります。

就職を上肢障がい者がするのであれば、できるだけ就職先と家との距離ができるだけ近い方がおすすめだといえます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク