仕事の適性と検査

最近では、仕事選びの手がかりに、適性検査の結果を利用する人が増加しています。

仕事の適性を調べるための検査があり、適性検査と呼ばれています。

この頃は、求職者に適性検査を受けてもらって、採用を決定する時の手がかりにする会社もあります。

採用試験の最初の段階で適性試験を受けてもらい、その内容を見ながら面接をする企業もあります。

適性検査は、企業が採用者を決定するときだけでなく、仕事を探している人が自分の仕事選びに利用することもあります。

仕事を選ぶ時に適性検査を受けることで、自分にはどういった仕事が向いているかを判断できます。

一度は会社に入ることができたのに、どうしても仕事の内容がしっくりこなくて続けられなかったというケースもあります。

入社する前は自分では仕事に適性があると思っていたのに、自分の能力を発揮できていないこともあるでしょう。

適性に合う仕事を選んだつもりが、実際は適性と大きくかけ離れていたという体験談も耳にします。

どうして仕事と適性が合わなかったのかといえば、適性結果の内容が必ずしも正しいものではなかったということもあります。

適性検査の結果だけに従って機械的に自分の仕事を決めるのではなくて、様々な根拠の中から、最終的に自分の意思で仕事を決定することが、本来の適性検査の使い方です。

まずは適性検査を受けて、その結果を確認してみることです。

その上で、この仕事についた自分を想像してみたり、どんな将来像を描いていきたいかを決めることが大事であるといえるでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク