仕事の適性とキャリアプラン

自分にどんな適性があるか知ることで、適切な仕事選びができるようになります。

仕事選びの前に、適性を踏まえたキャリアプランをつくります。

仕事を始めてみたものの、想像していた仕事を違うからと、ほんの数ヶ月で退職してしまう人も多いと聞きます。

最近は、頑張って入社ができても、ほどなく退社してしまうという人が大勢いるようです。

そんな時世を反映してか、仕事を点々とすることは珍しい話ではなくなっています。

仕事を変えることが、それほどまれなことではなくなっています。

むしろ、終身雇用制の中で定年まで働くというスタイルが珍しいようです。

とはいえ、転職が珍しくなくなってきているといっても、短期間でどんどん仕事を切り替えていると、一つの会社に長く勤められない人間だと判断されてしまうことがありますので、評価を下げてしまいます。

キャリアプランを明確にして、今後どのような人生設計を歩んでいきたいかを決めることで、計画性のある転職をしていくことができるようになります。

今後、どのような働き方をしていきたいか、何ができる人物になりたいかをはっきりとさせていく作業が、キャリアプランをつくることです。

学生時代の生活を振り返ってみて、自分の満足度はどのぐらいだったか確認していきます。

どういう生き方をしていきたいか、誰に憧れて今まで生きてきたかなどがキャリアプランの手がかりにもなります。

記憶を整理して、過去の成功や失敗を思い出し、どんなことをしていきたかを考えましょう。

これまで、どんなことを積み重ねてきたのかも、技術や実績の形で洗いだします。

これまでの自分を思い出すことによつて、今後の自分をつくっていく手がかりにします。

将来像を明確にすることによって、どんな仕事をしたいのか、どんな働き方をしたいのかがわかるようになります。

自分の適性に合う仕事をすることは大事ですが、そのためも、明確なキャリアプランをつくって自分が目指すところをはっきりさせましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク