転職コンサルタントになるには

コンサルタントに転職するには、どんなことをするといいでしょう。

コンサルタントになりたいという人は、転職によってコンサルタント会社に勤めるという方法が一般的です。

中途採用者を対象とした求人を出すことが、コンサルタント業界では多いようです。

他の業界のように、新卒者の採用ばかりをすることはありません。

最も転職コンサルタントになりやすいのは上流工程に強いSEです。

多くの場合、まずSE時代を5~7年ほど経てから、コンサルタント会社へと転職します。

今までの仕事で、企業の管理についてのノウハウを持っているような人が、業務やITに関するコンサルタントになるようです。

作業員として与えられた作業ノルマをこなしていたのではなく、作業工程を決める立場として全体の管理をしていたのであれば、コンサルタント会社への転職をするための就職活動がしやすくなります。

官公庁や、企画の仕事をしていた人が、外資系の戦略コンサルタントになったという事例もあります。

企画力があることや、職務遂行の実績があって、コンサルタント会社に採用されたという形です。

人事部での経験を生かせば人事、組織系のコンサルタントへの転職が比較的簡単のようです。

コンサルタントの仕事について活躍をしているのは、様々な業務での第一人者です。

どんな仕事をしていたのかで、転職先のコンサルタント分野が自ずと絞られます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク