就職活動での経歴書について

希望の就職を決めるためには、履歴書を書くだけでなく、職務経歴書を作ることが大事です。

大学生が就職する時は、職務経歴書を作る必要はありません。

職務経歴が存在しないためです。

しかし、転職の場合は職務経歴書の内容はとても大事です。

企業が中途採用を行う場合は、すぐに現場の第一線で働ける人を求めています。

かつての職場で、採用希望祭と似たような仕事をしていたという人は、即戦力になる人材と判断されます。

職務経歴書は要点をかいつまんで簡潔に記載することで、採用担当者が、戦力になる人材であると判断できるようにします。

新卒者であってもアルバイトや派遣などで短期間でも就職した経験があるならば、文章にしてみるのもよい自己PRになるのではないでしょうか。

大まかな経歴は履歴書でわかりますが、それだけでは書き切れない実績やスキルを職務経歴書にまとめます。

採用担当者が、この人は自社にとっても即戦力になりうると思ってもらえるよう、今までの実績や経験を文章化します。

書類選考の段階で落とされてはもったいない話ですので、職務経歴書の内容は十分に吟味するといいでしょう。

ネットや書籍で様々な書式で書かれている職務経歴書ですが、こう書かなければいけないというものはありません。

自分がアピールしたい部分は何か、どんな職種につきたいかで、職務経歴書の内容は異なります。

適した内容にする事が就職で評価される経歴書になるので、業界や職種について調べてから職務経歴書を作るようにしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク