高卒で就職する人の意識変化について

就職事情は時代とともに変化するものであり、最近では高卒で就職する人たちの意識も変わってきているようです。

長引く不景気の中で人材採用を控えていた企業もここ数年は積極的に採用をするようになってきています。

高校卒業した人を対象にした求人は、過去20年内で一番高い状況になっているといいます。

自分に合う仕事を求めている高校生からすれば、選択の幅が広がって嬉しい話でしょう。

そういった状況では、高卒で仕事を希望している人達の考え方も変わっており、安定した労働環境を求めているようです。

この他に、昔と違うこととして、故郷で働きたいという高校生が増えています。

意識の変化は時代の流れを映しており、今の高校生が生まれる頃からずっと日本は長期の不景気に突入していました。

この間には就職氷河期やフリーターという言葉が話題になり、就職にたいへん苦労する時期もありました。

幼少期に、収入のあてが見つからずに困っていた親や周囲の人を見て育ったために、確実に仕事につけることを重視する価値観ができました。

奨学金に対する考え方も、仕事への価値観に影響を与えています。

奨学金を利用して大学に進学したけれど、大卒だからといっていい就職先を見つけることができなかったために、返済に苦労するという話もあります。

奨学金を取り巻く状況の変化や、求人倍率が増えたことによって、高卒で仕事をしたい人の考え方が変わるようになりました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク