中小企業診断士の仕事と収入

中小企業診断士の資格を取得して、高収入の仕事につきたいと考えている人は意外と多いようてす。

中小企業の経営に対するコンサル業務ができる人のことを、中小企業診断士といいます。

その企業のより一層の成長のために必要なことを分析します。

国家資格の合格率はとても低く、年に一回行われる、とても有名な資格の一つといえるでしょう。

通信教育や資格取得のために通う学校の紹介では、中小企業診断士の資格は年収1000万円にも届く仕事をすることができる人気の資格であるとなっています。

中小企業診断士になったからといって一律1000万円の仕事についているわけではありません。

また、年収1000万円を高収入とみなさない人もいます。

中には年収3000万円以上という人もいますが、年収450万円くらいという人もいます。

もしも開業して自分の事務所を持てば、高収入にもなりえるでしょう。

一般企業に勤める中小企業診断士資格保有者もいますが、そういう人の年収は会社によります。

厚生福利のような待遇に関しては、中小企業診断士の資格がある方が優遇される傾向があります。

今後残っていくことができるかは、中小企業には死活問題といえるでしょう。

これからの日本の企業には、中小企業診断士の資格を持つ人は貴重な人材です。

いい仕事につながる資格であるといえます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク