女性の就職活動のコツ

自分合った女性向きの求人を見つけても、本来の目的は実際に採用されることではないでしょうか。

女性がよい求人を見つけ、就職活動を成功させるには、どんな点が大事になるのでしょうか。

履歴書は誰でも書きそうなことを淡々と書いても、自己PRには決してなりません。

自分のスキルや経験から、求人の内容に重なった部分を、自分がこれまでどんなことをしてきたかを振り返りながらピックアップしていきましょう。

振り返ったことを手がかりにして、志望動機や自己PRを書いていきます。

どのような人材を求人を出している会社が望んでいるかを分かったうえで、そこに自分が合っていることをPRするのがおすすめです。

次の転職先を見つける場合には、必ず前の会社を退職したわけを聞かれるでしょう。

間違った伝え方をすると、不採用になってしまうことがあるので要注意です。

前向きに、自分の言葉で退職理由を伝えることができるかが大事です。

退職の理由を人のせいにしたり、環境のせいにしたり、女性が夫や家族の反対などを挙げることはマイナス評価です。

志望動機との一貫性を保ちながら、状況はどうあれ最終的には自分の判断で退職したのだということをきちんと伝えましょう。

いろいろな面から面接では質問を受けることになるでしょう。

残業や休日出勤ができるか、長期にわたって仕事ができるかどうかを女性にはよく聞かれるようです。

相手側に無理に迎合する必要はないですが、どこまで譲れるかを明確にしておくことが大事です。

まずは面接の事前準備を丁寧に行い、かならず希望の求人への採用をしてもらうことが女性の就職活動においては重要だといえるでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク