新卒の採用について

新卒者の就職活動で採用を目指す人はたくさんいますが、世界的な不況から日本経済は低迷が続いているようです。

特に新卒者の就職採用数は平成の就職氷河期といわれているほど厳しい状態。

バブルのころとは大きく違います。

四年生の大学を新たに卒業する予定の新卒者ですら、自分の希望する仕事に就職をすることは、とても難しい状況でもあります。

高卒や短大卒での就職活動は、一層難しいと言われています。

もし会社を辞めた場合は、再就職も難しいという厳しい現実もあります。

正規雇用を希望していても、いい求人が見つからないことは多いようです。

求人情報をざっと見た限りでは、目につくのはパート、アルバイト、派遣などです。

新卒者の場合は、まず自分の希望する就職先に採用されるよう、人一倍さまざまな努力をしなくてはなりません。

とは言え気持ちがなかなか報われないのも不景気の悲しい現実です。

就職活動に有利と言われるような大学を卒業していても、就職活動がうまくいかないのが現在の姿です。

新卒でうまく企業に採用されるには、まず自分の求めている仕事へのイメージや、理想が高すぎてはいないか、さまざまな面から一度考えてみることも大切です。

採用希望に対する競争率が高い場合は、抜きん出るために必要な技術や経験を積むことも新卒者にとって必要です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク