第二新卒で転職するメリットについて

会社が第二新卒を正社員として雇用する魅力は、果たしてどんな点が挙げられるでしょう。

第二新卒よりも長い就業期間を経て転職を希望する中途採用者とは異なります。

即戦力としての見込みはないのにもかかわらず、それでも第二新卒の採用が行われるからには企業側にメリットがあるはずです。

即戦力になるほどの技術や経験はなくても、社会人としての新人研修は終わっており、一定の常識は持っているのが第二新卒です。

そのため、会社側は第二新卒に対しては新人研修をわざわざ行うことはありません。

裏を返せば、新人研修にかかる労力を節減するために第二新卒を積極的に採用する企業もあるといえます。

第二新卒の多くはまだ若く、中途採用者よりも将来の雇用期間が長くなります。

中途採用者ほどの先入観を持たずに、新しい環境に馴染みやすいと言われています。

第二新卒の転職者に対する採用状況はやさしくありません。

基本的には選考倍率が高い上に、忍耐力が欠如していると思われることがあります。

メンタル面にネックがある人物であるかもしれないと見なされることもあります。

新卒入社の同年代と同等がそれ以上の能力を持っていることが条件として求められることもあります。

もしも第二新卒として転職をするなら、強靭な精神力が求められます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク