派遣の仕事は正社員よりも増加している

長引く不景気の影響もあり、正社員よりも派遣で仕事をする社員を採用する企業が年々増加しています。

派遣で働く人は何年か前と比較すると大幅に増えているといいますが、どんな働き方なのでしょう。

派遣会社は、企業に人材を派遣します。

派遣の仕事をしたいと思ったら、まずは派遣会社に登録することを始めましょう。

保険などの福利厚生は派遣会社から入ることが、派遣と正社員との差といえるでしょう。

経験のない仕事にも希望しやすいですし、派遣から正社員になったという人もいます。

給与は時給で支払われ、1200円~2000円ぐらいが相場です。

交通費についてはもらえる会社と時給に含まれる会社もありますので、気を付けましょう。

実際に派遣の仕事をするまでは、一番最初に派遣会社を選択し、登録をします。

どんな職種を希望するかなどは、登録する時に提出します。

仕事の希望条件を登録した後は、条件に合う仕事があれば、派遣会社から派遣先企業の紹介があります。

あっせんを受けた企業で働く意志があるかを返答し、書類を出してもらってOKが出れば、相手企業と顔を合わせます。

応募から仕事を開始するまでの手続きは派遣会社がやってくれます。

派遣の仕事にはさまざまなメリットがありますが、デメリットも少なからずあります。

業種や職種の制限を受けずに、広く経験を積むことができることは派遣の強みですし、時給ベースで働くためにサービス残業の心配もありません。

正社員では無いので、会社が暇になった時には契約が打ち切られる可能性があります。

派遣社員として働くことがどういうことか理解した上で、派遣の仕事につく必要があります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク