銀行員の仕事内容

銀行に勤める銀行員の仕事はどのような内容なのでしょう。

銀行は一般のお客から預かったお金を個人や会社へ貸し出したり、為替や有価証券を利用することで得る差額で利益を出しています。

銀行員の仕事内容は、お金を預かったり預金のアドバイスをしたり、企業や個人にお金を貸し出したり、手形や小切手を扱うことなどです。

ほんの少し前までは、銀行員という職種は特別で、世間の人が憧れる職業が銀行員だった時代もあったようです。

今では銀行も吸収合併を繰り返し、仕事内容も様々なものになっています。

銀行員の仕事は預金の受け入れや貸し出しという印象が、一般の人からすれば往々にしてあるのではないでしょうか。

銀行ではお客からの預金を集め、現在ではごくわずかな額ですが金利を払っています。

銀行の仕事には外回りの営業があり、動かしている金額は大きいといえます。

契約数によるノルマがあったり、残業や早朝出勤による仕事も多く、仕事内容は決して楽ではありません。

それぞれの銀行で投資信託など金融サービスもさかんで、顧客にサービスをたくさん利用してもらうという内容の仕事も銀行にはあります。

住宅ローンやマイカーローンなど個人向けの融資もあります。

ぶ厚い規定集を駆使して融資業務を行うことが仕事内容なのが、銀行の融資係です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク