就職活動のすすめ方

就職活動をしようと思ってもまず何から始めたら良いかわからない人もいるかもしれません。

就職活動をするときにはどんなことをしたら良いのでしょうか。

一般的には就職活動のスタートは会社説明会です。

会社説明会とは会社側が開催する説明会のことで、セミナーとも呼ばれています。

会社側が学生や求職者を求めて会社概要や募集要項などを説明します。

企業によっては、会社概要の説明だけでなく、面接や筆記試験を同日に行ったりします。

事前に筆記用具を持参してくださいと書いてあった場合には筆記試験の可能性があります。

OB訪問をしておくことは、就職活動の役に立つでしょう。

企業がどのような学生を必要としているか、職場の雰囲気は自分に合うのかなどをOBの先輩と懇談しながら情報収集をしましょう。

OB訪問をするときは就職活動の方法を聞くのではなく、企業についての情報収集をすることが大切です。

OBと話すときはきちんとした敬語と自然体で接しましょう。

終了後訪問時の態度や印象などが人事部へ報告されますので注意しましょう。

3年生の夏休みなど、就職活動が始まる前にインターシップを活用するという方法もあります。

学生に一定期間職場体験をさせる制度で、大学によっては単位としても認められています。

企業はインターシップに参加した学生の中から採用対象者を探し出すことを目的としています。

インターシップに参加することで、就職活動に弾みをつけておくのもいいでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク