就職活動の面接

就職活動において一番重要になるといえるのが、面接試験です。

面接によって内定が左右されるといっても過言ではありません。

面接で成功するためには就職活動中にしっかりと準備をしておくことが大切です。

いったいどのような対策をしておいたら良いのでしょうか。

面接の方法は色々あり、個人面接か集団面接かで対応方法が変わります。

集団面接とは応募者が複数集まり、一人あるいは複数の面接担当者から質問を受け回答していく面接方式です。

一次面接など採用試験の序盤に多く行われるのが集団面接であり、自己紹介や自己PR、社会人としてのマナーなどが見られます。

集団の中でいかに自分の良さをアピールできるかが重要です。

個人面接は1対1もしくは1対複数の企業担当者で行う面接のことです。

集団面接とは違い、一人にじっくり時間をかけて把握することが目的なので就職活動の中でも終盤に行われることの多い面接です。

個人面接の場合には細かい部分まで見られることになりますが、緊張せずに行うようにしましょう。

面接の下準備をしておくことが、就職活動では欠かせません。

きちんと相手の目を見て話すこと、はきはきとはっきりした声で話すこと、答はまず結論から述べる、会話のキャッチボールを心かげることなどを意識しましょう。

就職活動では避けて通れないところですので、面接準備は入念に行いましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク